30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

1.30歳なら業界や職種を変えられる!?

 活況を迎える転職市場において、30歳の人気が高いのは変わることがありません。
 キャリアアップ転職については、強気で進めてよいと思います。
 ですが、キャリアチェンジ転職となると、熟考が必要です。
 なぜなら、仕事内容は変えずに業界を変えることはできても、未経験の職種にキャリアチェンジしようとすると、大きな壁が立ちはだかるからです。
 30代は20代と比べると人件費も高くなりますし、これまでのキャリアを捨てて新しいことにチャレンジしようとするひとを、採用するメリットが企業側にはないことが圧倒的に多いのです。
 そうした現状を踏まえつつ、自分のキャリアプランを見直し、どのような転職をしたいのか、しっかり考えることから始めてください。

2.30歳が他の年代より市場で強い理由

 30歳が他の年代に比べて転職市場で人気な理由の一つには、「即戦力」となる専門スキルを有していることです。
 20代前半から仕事を通して学び、経験したことが、30歳から花開くものです。
 上司にいちいち指示を仰がなくても、自分で考えて行動し、ある程度の責任も持てるところが、大きな強みです。

 そして30歳には、いずれ企業の幹部候補として活躍してもらうという、将来性を見込んでの採用も少なくありません。
 これまで特定の業界や職種で実績を上げてきていれば、転職活動はさほど難しくなく進むはずです。

 ただし、30代後半になると、様相が少し変わります。
 30代前半と比較するとコストも高くなりますから、その分、マネジメントスキルを求められることが多くなります。
 これまで職位がついたことはなくても、後輩の指導にあたったり、プロジェクトリーダーとして仕事をした経験があれば、それはライバルに差をつけるアピールポイントになります。
 異年齢のひとたちや、他部門のひとたちと関わって行った仕事の際、自分がどんな役割を担い、どういう工夫をして結果を出したのかを、わかりやすくまとめておくと、職務経歴書や面接でのアピールに役立つはずです。

3.企業が求める能力の傾向

 転職市場でも、企業が求める能力は、年代によって異なるものです。
 20代までは、自分に与えられたミッションを達成する能力だけが求められました。
 ですが、企業が30代に求めるものは、少し違います。
 当然、自分個人の目標達成するための専門スキルは必要なのですが、リーダーとして、チームの成果を引き出す能力も求められるようになるのです。

 ここで勘違いしてはいけないのが、中間管理職としてマネジメントを求められているわけではないという点です。
 スキルや経験の足りない後輩たちをカバーしつつ、上司を上手に動かして、目指す成果につなげる「縁の下の力持ち」が、リーダーの役割です。
 OJTリーダーとして、これまでの自分の経験や培ったノウハウを駆使して後輩の指導・育成にあたり、より大きな仕事をするために、上司や経営陣を動かす努力をすることは、マネジメントスキルを磨くうえでも、大きなプラスがあります。

 つまり企業は、個人レベルのでビジネススキルの習得より、組織の調整役や教育を担える能力を磨く人材を求めているのです。
 問題解決力やコーチング力を磨こうとする意欲と、それに通じる経験を持っていることが、採否の分かれ道になるのかもしれません。
 

4.転職サイトへの登録は必須!

 30歳で自分に価値づけしたいと思うなら、在職中に転職活動をスタートさせるのが基本です。
 履歴書や職務経歴書には、ブランクがないにこしたことはありません。
 また、一人前のビジネスマンになった30歳は働き盛りですから、多忙を極めているものです。
 自分の希望条件を登録しておくことで、定期的に新着の求人情報を届けてくれる転職サイトは、心強いサポーターになってくれるはずです。

 もう一つ、30歳が転職サイトに登録するときに、やっておかなければならないことがあります。
 それは、自分の経歴をアップし、企業からのスカウトを待つ状況をつくることです。
 転職サイトには、応募書類の作成ツールが用意されていることが多いのですが、入力するだけで読みやすいものができあがるので、必ず作成するようにしましょう。
 また、自分へのオファーの数や傾向を定期的にチェックし、反応が落ちてきたら登録レジュメの見直しを行うのも、より条件のよい求人を引き寄せるためには大切な過程です。
 
 大手の転職サイトであれば、個別の人材紹介を行う転職エージェントと連携しているところも多いので、非公開求人や独占求人の案件を紹介してもらえる可能性が高まります。
 転職サイトの特徴や得意分野を理解したうえで、複数に登録するようにしてください。

5.30代の転職でその後のキャリアが決まる!

 新卒での就活でも、キャリア設計を行ったはずです。
 ですが、実際に仕事を始めてみると、自分の考えと目指すキャリアにズレが生じるひとも少なくありません。
 30代は、自分のキャリアの棚卸をして、新たなプラン設計をする、絶好のチャンスです。
 自分なりのキャリアプランを、ライフプランも考慮してたてることで、目指すべき転職の形が見えてくるはずです。

 キャリアプラン再構築と徹底した自己分析、自分の強みや志向性に合った求人探しを行えば、満足のいく転職をきっと果たすことができます。
 給料や待遇だけを基準にしたり、現職での問題から逃げる形の転職は、絶対にうまくいきません。
 これまでのキャリアを活かして、どんな転職をするのがベストかを真剣に考えるとともに、企業が求人票に明記しない、役割として求められるニーズを満たす力があるかどうかも考慮して、応募先を選ぶようにしましょう。
 いまの苦しみは、将来のキャリアにつながっています。安易に妥協することなく、最適な道を探してください。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職活動の効率を上げる会員限定機能あり!30歳転職者の支持率No.1の転職サイト!


公開日:
最終更新日:2015/02/02