30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

休職中の30歳と転職活動

      2015/12/03

休職中に転職活動を行うのは可か非か

 30歳で休職に至った理由が何であれ、心身の調子が戻り、復職が近づくにつれて、自分の将来について考え始めてしまうのは、自然の流れです。休職の原因が激務や職場のストレスだった場合、職場復帰しても、また体調を崩すのではないかと、不安に思うひともいることでしょう。

 そんなとき、時間が自由になるうちに、転職活動を行っておこうと考えたくなるのも、無理はないことです。休職中に転職活動を行うことに対する罰則規定があるわけではないので、絶対にNGというものではありません。ですが、休職している時点で、健康な状況にあるとは言えませんし、冷静な判断が下しにくいという面もあります。

 また、企業からしてみれば、休職中の応募者が就業に耐えられるかどうかを疑問視するのは、当然なことです。そうしたマイナス面を考慮しても、転職活動を行うと決められるかどうか、まずは自分の気持ちと向き合ってみることをおすすめします。

自分のキャリアを考えるなら

 休職期間とは本来、心身を健康な状態に戻し、復職してもらうための期間です。そこで転職活動を行い、復帰せずに転職をすることを選択すれば、円満退職は難しくなるでしょう。また、実際に応募を始めても、書類選考にすら通過できない可能性も低くありません。

 かといって、休職中であることを隠して転職活動を行えば、それは経歴詐称になります。運よく書類選考を通過して、面接まで進めたとしても、現在休職中の自分が、転職して就業できる状況であることを証明するのも、相当なハードルです。

 それらを乗り越えて、がんばりきることができるのかどうか、冷静に判断しましょう。将来のキャリアを考えれば、一度復帰してからの転職活動は望ましいと思います。

【関連記事】
転職の目的を定める
市場価値を知って計画をたてる
転職のタイミングを重視する
30歳の転職と体調管理
転職活動を始める時に重視しなければならない“活動期間”についてまとめます

 - 転職の進め方

  関連記事

転職の目的を定める

転職の理由を明確にする  30歳で転職しようと考える理由を、あなたは自分の言葉で …

転職活動を始める時に重視しなければならない“活動期間”についてまとめます

一般的で平均的な転職活動期間は?  何かを始める時、それに関しての先駆者が既に相 …

転職のタイミングを重視する

市場や業界の動向をリサーチする  自分の将来につながる転職を果たしたいと考えるな …

市場価値を知って計画をたてる

個人差が激しい、30歳の市場価値  30歳ともなると、それまでどんな会社で、どの …

30歳の転職と体調管理

体調管理も仕事に含まれる  30歳が転職を果たすとき、中途採用する企業は、即戦力 …