30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

履歴書で見られるポイント

   

30歳が書くべき履歴書

 30歳が転職のために履歴書を用意するときには、転職者用のフォーマットを使います。市販されている転職者用の履歴書に手書きするのか、パソコンで作成するかは自由ですが、履歴書の役割を理解して、必要な項目が記載されたものを用意することが基本です。

 履歴書は、応募者個人のこれまでの経歴を伝えるための書類なので、比較検討しやすいように、定型文で書くようになっています。

 履歴書の書き方を見ることで、応募者個人のビジネススキルや意欲をはかることもでき、書類選考の際、職務経歴書まで読み進むかどうかを判断する、大事なポイントでもあります。

30歳が履歴書で見られるポイント

 30歳の場合、入社後に即戦力となることを期待されるケースが多いので、募集職種に対応する学歴や職歴、資格や免許などがあるかどうかは、必ずチェックされます。

 だから、学歴では学部・学科・専攻まで、職歴では勤務先名と所属部署を明記するようになっているのです。また、転職回数と在籍期間も同時にチェックされています。

 とはいえ、履歴書で一番重視されるのは、志望動機です。しっかり企業研究と自己分析を行ったうえで、説得力のある志望動機を書きましょう。

【関連記事】
職務経歴書で見られるポイント
履歴書・職務経歴書の書き方で悩んだ時の解決方法

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

履歴書・職務経歴書の書き方で悩んだ時の解決方法

履歴書・職務経歴書の書き方の基本を知る  30歳に限らず、転職活動をスタートする …

職務経歴書で見られるポイント

30歳が書くべき職務経歴書  30歳の求職者の場合、企業は即戦力として、入社後に …