30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

履歴書・職務経歴書の書き方で悩んだ時の解決方法

   

履歴書・職務経歴書の書き方の基本を知る

 30歳に限らず、転職活動をスタートするにあたり、履歴書や職務経歴書の書き方の基本を、まず確認してください。履歴書は転職者用のものを使いますが、項目の欄のスペースは、用意している業者やサイトによって異なります。

 職務経歴書も、「年代方式」「逆年代方式」「キャリア方式」というフォーマットがあり、書き方が変わります。

 まず、自分が書きやすい履歴書や職務経歴書はどれか、さまざまなサンプル例などを見ながら探し、そこで書くべき内容や書き方の基本を、しっかり頭に入れてください。

履歴書や職務経歴書でアピールする書き方を調べる

 30歳ともなると、マニュアル通りに、使いまわしができる「志望動機」や「自己PR」を書いても、書類選考を通過することはできません。自分の入社したいという意欲や、持っているスキルと経験のアピール、自己PRの表現手段を磨くことが、面接まで駒を進めるうえでは大切です。

 そうした表現やレイアウトの工夫について悩んだときには、転職サイトのサンプル例を調べてみることをおすすめします。職種別に用意されているので、すぐに実践できる内容が紹介されています。

 また、キャリアコンサルタントに添削をお願いするのも良いでしょう。

【関連記事】
履歴書で見られるポイント
職務経歴書で見られるポイント

 - 履歴書・職務経歴書

  関連記事

職務経歴書で見られるポイント

30歳が書くべき職務経歴書  30歳の求職者の場合、企業は即戦力として、入社後に …

履歴書で見られるポイント

30歳が書くべき履歴書  30歳が転職のために履歴書を用意するときには、転職者用 …