30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

求人情報媒体を使い分ける

   

求人情報媒体の特色を知る

 30歳が活用できる求人情報媒体をザッとあげてみると、転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、求人情報誌、新聞の求人欄などがあります。こうした求人情報媒体ごとに、扱う求人の内容や得意分野が違います。

 例えば転職サイトは、全国各地のあらゆる業界や職種の求人を網羅していますし、転職エージェントはキャリアアップにつながる非公開求人や独占求人を数多く扱っています。

 ハローワークや求人情報誌、新聞の求人欄などは、地元の中小企業など、大手の転職サイトや転職エージェントとは違う求人を扱っています。そうした特徴を理解して、使い分けることが、自分の希望の転職を果たすために、とても重要なのです。

求人情報媒体は常に併用する

 30歳のあなたが、自分の希望の転職を実現したいと考えているなら、求人情報媒体を併用するのは基本中の基本です。求人情報媒体によって、求職者に対して提供するサービス内容や情報が違うので、併用することでさまざまなノウハウを手にしやすいというメリットもあります。

 選択肢の多い30歳だからこそ、複数の求人情報媒体を併用し、自分に最適な求人探しをするように心がけましょう。それが、希望の転職につながるはずです。

【関連記事】
転職エージェントの活用
転職サイトのスカウト機能の活用

 - 求人情報

  関連記事

転職サイトのスカウト機能の活用

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトは、自分の希望条件にマッチする求人探し …

転職エージェントの活用

転職エージェントが提供するサービス  転職エージェントはそもそも、企業の個別の採 …