30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

転職の目的を定める

      2015/12/03

転職の理由を明確にする

 30歳で転職しようと考える理由を、あなたは自分の言葉で説明することができますか?それが、現職の待遇や労働条件に対する不満に端を発しているなら、それを理由に転職活動をしても、きっとうまくいきません。

 なぜなら、30歳は入社後に即戦力となることを期待されて採用されることが多いので、転職して与えられるミッションもプレッシャーも、決して小さくないからです。

 現状の不満を解決するために自分なりに努力すれば、それをステップに成長をすることはできますが、環境を変えることで問題から逃げることが転職の理由の場合、その後につながることはないのです。

キャリアアップかキャリアチェンジか

 30歳ともなると、転職の内容によって、その後のキャリア形成に大きな影響を与えます。キャリアアップだけでなく、キャリアチェンジをしても、まだキャリアを積んでいくことが可能なので、しっかりと自分のためになる転職方法を探さなくてはなりません。

 そのためにも、キャリアの振り返りと自己分析を行い、自分の適職とは何なのかを熟考し、自分なりにキャリアビジョンの再構築をすることから始めてください。それが実りある転職に、きっとつながるはずです。

【関連記事】
市場価値を知って計画をたてる
転職のタイミングを重視する
30歳の転職と体調管理
休職中の30歳と転職活動
転職活動を始める時に重視しなければならない“活動期間”についてまとめます

 - 転職の進め方

  関連記事

30歳の転職と体調管理

体調管理も仕事に含まれる  30歳が転職を果たすとき、中途採用する企業は、即戦力 …

休職中の30歳と転職活動

休職中に転職活動を行うのは可か非か  30歳で休職に至った理由が何であれ、心身の …

転職のタイミングを重視する

市場や業界の動向をリサーチする  自分の将来につながる転職を果たしたいと考えるな …

転職活動を始める時に重視しなければならない“活動期間”についてまとめます

一般的で平均的な転職活動期間は?  何かを始める時、それに関しての先駆者が既に相 …

市場価値を知って計画をたてる

個人差が激しい、30歳の市場価値  30歳ともなると、それまでどんな会社で、どの …