30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

転職活動を始める時に重視しなければならない“活動期間”についてまとめます

   

一般的で平均的な転職活動期間は?

 何かを始める時、それに関しての先駆者が既に相当数いるのであれば、一般的であったり平均的であったりなど基準となりうるデータというものが出ているはずです。転職活動をし、転職を成功させた人や失敗させた人というのは限りなく存在していますから、それにも一般的な平均点な数字や考え方というものがあることになります。

 転職活動にかかる期間で言えば、2ヶ月から3ヶ月以内に次の職場を決めることができたという人が多数を占めているようです。つまり、一般的な転職活動期間がこのくらいであるということ。平均的な期間を定めても、2ヶ月から3ヶ月の間に収まると考えられます。

自分は一般的で平均的かを知ろう

 一般的で平均的な転職活動期間を知って、それを最も参考にできるのは、一般的で平均的な転職希望者です。その範囲に自分が当てはまっているかどうかを、まずは知っておかなければなりません。

 もし自分のことを一般的で平均的な転職希望者だと認識できたのであれば、活動期間は2ヶ月から3ヶ月以内となるでしょう。

 難しい転職に挑戦しようとしている、あるいは未経験の職種に挑戦しようとしている転職希望者であれば、もしかしたら4ヶ月、5ヶ月と、平均的な期間よりも長くなってしまう可能性があります。また、能力、実績によってもこの期間は変わりますし、最初から妥協するつもりであれば、1ヶ月ほどで転職できてしまうかもしれません。

目標とデッドラインを決めましょう

 転職活動にかかる期間を考える時には、必ず目標とデッドラインを決めておく必要があります。目標はともかく、「絶対にここまでに転職を決める」というデッドラインを決めずに動き出すことはNGです。

 期限を決めずに動けば、転職活動そのものが薄っぺらいものとなってしまうでしょう。時間的余裕がまだあると錯覚してしまうからです。これは転職活動にかかる期間を大幅に延ばしてしまうリスクが出てくるため、転職希望者にとっては非常に危険な動き方。

 計画を立てたりその他の準備を行う前に、活動期間の目標とデッドラインを決め、その中に収まるよう各作業のスケジュールを練っていかなければなりません。

【関連記事】
転職の目的を定める
市場価値を知って計画をたてる
転職のタイミングを重視する
30歳の転職と体調管理
休職中の30歳と転職活動

 - 転職の進め方

  関連記事

休職中の30歳と転職活動

休職中に転職活動を行うのは可か非か  30歳で休職に至った理由が何であれ、心身の …

転職の目的を定める

転職の理由を明確にする  30歳で転職しようと考える理由を、あなたは自分の言葉で …

市場価値を知って計画をたてる

個人差が激しい、30歳の市場価値  30歳ともなると、それまでどんな会社で、どの …

転職のタイミングを重視する

市場や業界の動向をリサーチする  自分の将来につながる転職を果たしたいと考えるな …

30歳の転職と体調管理

体調管理も仕事に含まれる  30歳が転職を果たすとき、中途採用する企業は、即戦力 …