30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

30歳の入社の手続き

   

入社の手続きに必要な書類

 大抵の会社で入社の際に提出しなければならない書類を、ここにまとめておきます。
 ・年金手帳
 ・源泉徴収票
 ・扶養控除等申告書
 ・給与振込先の届書
 上記の4つは、全員が提出しなければなりません。

 このほかに、家族がいる30歳が提出しなければならない書類に、「健康保険被扶養者異動届」があります。こうした入社に必要な書類は、内定後に労働契約内容の確認に行った際にすべて預かり、入社日に提出できるように、事前に準備しておきましょう。

会社によって必要な書類もある

 上記のほかに、企業によって提出するように求められる書類が、いくつかあります。
 ・従業員調書
 ・住民票記載事項証明書
 ・入社誓約書
 ・身元保証書
 ・免許・資格関連
 ・健康診断書
 中でも、身元保証書については、第三者の署名・捺印を求めることが多いので、早目に依頼して協力してもらっておいた方がよいでしょう。

 また、企業や担当する仕事内容によっては、業務に関わる知識やスキル、資格を身に付けることを求められるケースもあります。そうした内容は、内定時にきちんと確認し、入社日に不備がないように準備をして、入社初日に好印象を与えられるようにすることをおすすめします。

【関連記事】
30歳の退社手続き
30歳の途中入社の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

30歳の退社手続き

退社日までに済ませるべき手続き  転職により退職を決意したら、まず退社の手続きの …

30歳の途中入社の注意点

途中入社の心構え  30歳で転職者先に入社するあなたは、自分はキャリア採用だから …