30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

30歳の退社手続き

   

退社日までに済ませるべき手続き

 転職により退職を決意したら、まず退社の手続きのリストをつくることをおすすめします。退社の手続きには、さまざまな事務手続きや、業務の引き継ぎなども含まれます。

 事務手続きに関しても、社宅や社員寮に住んでいる場合は、規定の期日までに引っ越し先を決めて退去しなければなりませんし、社内融資を受けている場合は、退職日に一括返済できるように、退職金でまかなえるかどうかの試算や、できない場合の手配をする必要があります。

 また、財形貯蓄制度を活用している場合、転職先で継続できなければ、解約手続きをしなければなりません。そうした事務手続きがどれくらいあるかを、人事部や経理部で確認し、リスト化して、退社日までに確実に終わらせることができるように進めていきましょう。

退社日の事務手続き

 退社日の事務手続きはシンプルで、会社から必要な書類を受け取り、返却すべきものを返すだけです。受け取る書類は、「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「離職票」「源泉徴収票」の4つで、後ろの2つは後で郵送されてきます。

 返却すべきものには、社員証や身分証明書、名刺(業務上得た取引先のものも含む)、通勤定期券などがあります。内容は、会社に確認しておきましょう。

【関連記事】
30歳の入社の手続き
30歳の途中入社の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

30歳の入社の手続き

入社の手続きに必要な書類  大抵の会社で入社の際に提出しなければならない書類を、 …

30歳の途中入社の注意点

途中入社の心構え  30歳で転職者先に入社するあなたは、自分はキャリア採用だから …