30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

30歳の面接対策

      2015/07/27

応募書類と企業HPを見直す

 30歳は、企業研究と面接準備にどれだけ時間をかけたかで、質疑応答で話す内容に、大きな差が生まれます。

 企業の採用担当者にしてみれば、入社後に即戦力として活躍してもらいたいのですから、自社についてきちんと調べて、真剣に入社を検討している人材の方が良いに決まっています。

 だからこそ、面接前日には応募書類の控えと企業のホームページを見直し、企業理念や事業ビジョンを覚えるつもりで読み返し、自分のアピールポイントとの接点を再確認しておきましょう。

逆質問も複数考えておく

 30歳の求職者が、面接でライバルに差をつけるためには、いかに印象に残る逆質問ができるかが重要です。

 「何か質問はありますか?」と、面接官に投げかけられたときに、「特にありません」と答えた時点で、内定は遠のいてしまいます。

 自分のアピールにもつながるように、「募集職種では、私のこれまでの●●というスキルが活かせるのではないかと思うのですが、入社にあたって、そのほかに身に付けておくべき知識やスキルがあれば教えてください」など、入社後をイメージし、そのために努力する姿勢を伝える逆質問ができるように、しっかり準備しておきましょう。

【関連記事】
志望動機をどう語るか
30歳の面接NG集
30歳と転職後のお礼状

 - 面接対策

  関連記事

30歳と転職後のお礼状

お礼状を書くときのポイント  30歳ともなれば、社会人経験も豊富なのですから、転 …

30歳の面接NG集

在職中に気を付けたいNG集  30歳で転職活動をするひとの中には、在職中にスター …

志望動機をどう語るか

履歴書を同じでは意味がない  面接で「志望動機を聞かせてください」と聞かれたとき …