30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

30歳の面接NG集

      2015/07/27

在職中に気を付けたいNG集

 30歳で転職活動をするひとの中には、在職中にスタートするひともいることでしょう。その場合、現職に迷惑がかからないように、転職活動を行わなければなりません。

 そのため、面接の時間を勤務時間終了後にしてもらったり、休日に設定するようにお願いすることもあるでしょう。ですが、それはあなたの都合であって、面接官にとっては本意ではありません。

 だからこそ、勤務時間外に面接を設定したにも関わらず、現職の都合で遅刻の連絡をするのは、絶対にNGです。時間に余裕をもてる日時で、面接を設定してもらいましょう。

ビジネスマンとしてのマナーを守る

 30歳の求職者ですから、面接に出向く際の服装は、言われなくても色味を抑えたビジネススーツを着用するのが常識です。

 現職が私服可の場合、ジャケットだけを羽織って面接に出向く30歳の話を見聞きしますが、応募企業の服装の規約と違う場合は、その時点でマイナスポイントをつけることになります。人間は、考えている以上に、見た目の第一印象に左右されます。

 非常識なひとと思われないためにも、面接にふさわしい服装、髪型、小物使いで、企業を訪れるよう、意識するようにしましょう。

【関連記事】
志望動機をどう語るか
30歳の面接対策
30歳と転職後のお礼状

 - 面接対策

  関連記事

志望動機をどう語るか

履歴書を同じでは意味がない  面接で「志望動機を聞かせてください」と聞かれたとき …

30歳と転職後のお礼状

お礼状を書くときのポイント  30歳ともなれば、社会人経験も豊富なのですから、転 …

30歳の面接対策

応募書類と企業HPを見直す  30歳は、企業研究と面接準備にどれだけ時間をかけた …