30歳からの転職で一歩先を行くための押さえておくべき情報

*

30歳からの転職の手順

 転職活動は、全体を細かく分類し、ひとつひとつを最高の状態で通過することで良い結果に結びつくものです。どのピースが無くても完成はしません。転職初心者と自覚しているのであれば、尚更それぞれのピースを完璧なものにしておきましょう。

就職・転職準備について

 最初に用意しておきたいピースは、転職活動の土台ともなるものです。転職は紛れもなく自分自身のために行うもの。自身の望む未来がリアルな形として見えていなければなりません。ぼんやりではダメなのです。それが見えれば準備は整ったと言えるでしょう。

【参考記事】
転職の目的を定める
市場価値を知って計画をたてる
転職のタイミングを重視する
30歳の転職と体調管理
休職中の30歳と転職活動
転職活動を始める時に重視しなければならない“活動期間”についてまとめます

求人情報について

 求人情報も大事なピースのひとつ。応募資格、給与、福利厚生のような具体的なものもそうですが、社風、理念、従業員の雰囲気、こうしたものも情報として集めておきましょう。あなたの社会人人生はまだまだ先が長い。企業全体を眺めながら応募先を選択しましょう。

【参考記事】
求人情報媒体を使い分ける
転職エージェントの活用
転職サイトのスカウト機能の活用

履歴書や職務経歴書について

 履歴書と職務経歴書は形式によって、随分と表現方法や印象が変わってきます。企業が人材を見極める重要なピースとなりますから、提示したいことを効率よく表現できるような形式を選ぶようにしてください。また、これらの応募書類を送る時のマナーや常識、こうしたものも勉強しておきましょう。

【参考記事】
履歴書で見られるポイント
職務経歴書で見られるポイント
履歴書・職務経歴書の書き方で悩んだ時の解決方法

面接について

 面接対策で意識したいのは、言葉そのものがどのような意図で口から出てきているか、ということです。言葉はあくまでも道具。辞書的な意味で言葉を使うのではなく、その言葉に思いや願いを込めて伝えることを意識してみましょう。そうすれば志望動機も自己PRも、良い表現が見つけられるはずです。

【参考記事】
志望動機をどう語るか
30歳の面接対策
30歳の面接NG集
30歳と転職後のお礼状

退職・入社準備について

 会社や同僚などとの関係がギクシャクしてしまいがちな退職。これもひとつひとつのピースを丁寧にこなしていけば、ギクシャクとした関係とは無縁の退職を迎えられます。おもむろに退職を切り出すよりも、予習と準備をしてから実際の行動に移した方がいいでしょう。

【参考記事】
30歳の退社手続き
30歳の入社の手続き
30歳の途中入社の注意点

公開日:
最終更新日:2015/12/03